老人ホームの違い

 

特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、老人保健施設の違いとは?

特別養護老人ホーム(公的ホーム)は、地方自治体や社会福祉法人が運営を行っている有料老人ホームです。

そのため利用料は他の老人ホームに比べて低額ですが、基本的に相部屋が多く、また条件に合った人でなければ入居が出来ません


有料老人ホームは、民間企業が運営を行っています。特別養護老人ホームよりも利用料は高額ですが、

個室を利用出来るなど、その他のサービスについても質の高いものとなっています。


老人保健施設(老健)は、自宅での生活に支障がある高齢者や、

入院する必要はないが介護やリハビリ、看護・生活サービスなどを必要とする人を対象とした施設です。

3〜6ヶ月間を目処に自宅での生活復帰を目指して、リハビリや介護などの医学的なケアを受けることが出来ます。

 

 

有料老人ホームの費用はどのくらい必要なのか?

有料老人ホームで必要な費用は、入居時に必要な入居費と毎月必要な月額利用料とがあります。
また毎月必要な金額は、利用料の他に、食費やおしめ代などの介護にかかる実費が必要になります。


有料老人ホームによって、利用料の中に光熱費が含まれなかったり、逆に食費が含まれるなど、その内訳は変わります。
介護保険自己負担額が必要な場合もあります。
この他、イベントやサークル活動などに必要な経費、お小遣い、医療費なども必要です。

月額利用料としては、概ね15万円〜20万円程度は必要になる所が多いのではないでしょうか。

 

→ 老人ホームの違い

→ 有料老人ホームの費用は?

 

 

お探しの有料老人ホームがある地域名をクリックしてください。

北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 新潟 福島 群馬 栃木 茨城 埼玉 千葉 東京 神奈川 静岡 山梨 長野 富山 石川 福井 岐阜 愛知 三重 和歌山 奈良 大阪 滋賀 京都 兵庫 鳥取 島根 岡山 広島 山口 香川 徳島 高知 愛媛 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

 

北海道・東北 北海道 / 札幌 / 函館 / 旭川 / 青森 / 八戸 / 盛岡 / 岩手 / 宮城 / 仙台 / 秋田 / 山形 / 福島 / 郡山
関東 東京 / 新宿 / 池袋 / 立川 / 町田 / 神奈川 / 横浜 / 横須賀 / 藤沢 / 本厚木 / 小田原 /埼玉 / 大宮 / 浦和 /千葉 / 船橋 / / 成田 / 茨城 / 水戸 / 筑波 / 栃木 / 宇都宮 / 群馬 / 前橋 / 高崎 / 山梨 / 甲府
信越・北陸 新潟 / 長野 / 松本 / 富山 / 石川 / 金沢 / 福井
東海 愛知 / 名古屋 / 豊田 / 三河安城 / 岐阜 / 静岡 / 沼津 / 浜松 / 三重
近畿 大阪 / 梅田 / なんば / 京都 / 兵庫 / 神戸 / 姫路 / 滋賀 / 奈良 / 和歌山
中国・四国 鳥取 / 島根 / 松江 / 岡山 / 広島 / 山口 / 周南 / 宇部 / 下関 / 徳島 / 香川 / 高松 / 愛媛 / 松山 / 高知
九州・沖縄 福岡 / 北九州 / 久留米 / 大牟田 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄

 

高齢化社会が進む現代で、費用、設備、場所など条件に合った老人ホームを探すことは容易ではありません。 一つだけではなく、いろいろな老人介護施設、有料老人ホームを見てから決めると良いでしょう。 今は、簡単に資料請求が出来る老人ホームも増えています。足を運ぶ手間や時間もなく、自宅で相談しながら探せるのがいいですね。